05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

梅雨メバルの反応は? 

6/27(土)M田氏としまなみへ。干底が8時頃なので今日は久々O三島の

磯で浮きでも投げてみようと、尾道の釣り具屋で青虫を購入。

この磯は満ちあげ1時間半くらいしか釣りにならない。それ以上だと戻ってこれなくなるのだ。

いざ出発という時、ガソリンの少ないのに気づき少し戻っていつもの給油所に。。。

しかし本日お休みの看板が。さらに戻ってようやく給油完了。

タイムロスでO三島の磯は諦め、H島に降りしばらく時間調整することに。

本人はやる気満々ですがお魚が遊んでくれません。10時前波止の電気が

切れたので、O島のT浦へ移動。

青虫での探り釣りです。超久しぶりで昨年の9月以来の述べ竿。

狙いはアコウ。0時前までここで頑張って、本命ポイントへ移動予定です。

始めて数分できちゃいました。小さいですが今季初のアコウです。

アコウ1
27CMです。

その後0時前まで粘ってみたけど、1回アコウらしき中りでラインブレークしただけ。

赤ちゃんメバル、フグ、オヒメ、アジのみ。M田さんはキス釣ってました。

時間になったので早速本命の波止ヘ移動することに。

私は波止中央でワームでのメバリング、M田氏は先端で青虫での浮釣り。

ワームをいろいろローテしますがぜんぜん反応しません。そのうちM田氏に24cm

ぐらいのメバルが。続いても良型がM田氏の竿を曲げています。

(梅雨の一時期ワームに全然反応せず、虫餌にすごく反応する時期がある。)との事を思い出し、

反則技ですが、私も先端のM田氏の隣でジグヘッドに青虫をつけてキャスト。

すぐに良型ゲット!30~40分程の短いじあいでしたが、今の時期にしては

珍しく食い込み良かったです。流れにキャストしドリフトしてラインが落ち着くと、

リールを巻く前に竿先が曲がる。あるいは2~3回リールを巻くかどうかで竿先が曲がる。

とても面白い釣りでした。ところが流れが変わりじあいが過ぎてからは、ぜんぜん中り

すらなくなり、エギングを1時間ばかりやりましたが、これもだめ。

睡魔に襲われ3時前に納竿。20UP8匹、最大25CM.

これだけ2

少ないですが、久しぶりに良型のメバルを拝むことができました。

この日釣り仲間3人がとびしま3島へ行きましたが、皆よく釣れたそうです。

やっととびしまの季節がやってきたように思います。

来月は恒例のとびしまでのメバルをしようかな~。

釣友の釣果(クーラーの上から撮影)
K.jpg
4時過ぎ(夜が明けて)からでもかなり釣れたらしい。









スポンサーサイト

カテゴリ: メバリング

テーマ: 釣り全般 - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

吾妻山登山 

久しぶりの山登りに行ってきました。急に山に行ってみたくなりました。

先週の土曜日妻と実に6年ぶりぐらい。

広島県と島根県の県境にある吾妻山に!この山は過去4回ほど登ったことのある

子供でも比較的登りやすい山です。

久しぶりに登山靴に履き替え、10時40分ロッジを出発。

ブナ

ブナ林の中小鳥のさえずり、葉っぱのすれあう音、風の音、

ひんやりとした空気のうまいこと、生き返ります。

大善原

大善原 ここは広大な原っぱです。大勢の方が食事されてました。

私たちもここで休憩。食事の後吾妻山登頂を目指します。登りはかなりきつかったけど

途中すれ違う登山者と挨拶を交わしたり、立ち止まっていろんな話を聞いたりで、

あっという間に山頂に。中腹から山頂にかけてツツジが咲き誇っていました。

azuma_hiba.jpg

頂上
頂上1239M


ロッジ
山頂から見下ろしたロッジ
20分くらい景色を眺めながら休憩後下山へ。

rojji.jpg
下から見上げる吾妻山

気持ちの良い汗を久しぶりにかきました。14時過ぎに家路へ。

途中庄原のかんぽの郷のお湯に浸かりリフレッシュ。。。 入浴料¥600

17時過ぎ帰宅。あくる日の筋肉痛が心配されたが、腹筋が多少痛いぐらいで

足腰の方は大丈夫でした。

それにしても登山者は50~60代の方が多いですね~。みんな非常に元気です。

私も今後は年に何回か挑戦してみたいな~と思いました。












カテゴリ: 雑記

テーマ: アウトドア - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

ああ~疲れた 

今季まだアオリを獲っていない三男と行ってきました。

土曜日昼飯を済ませ、すこし早いとは思ったが

しまなみ塩の島へ。3か所程シャクッテみましたが、全く反応なし。

次に石の島へ移動し、当初から予定のポイントの磯場に17時頃到着。

夕マズメ狙いだ。此処は潮が低くても充分やれるポイント。

海の感じはすこぶる良いように思えたのだが。。。

藻が掛かるだけで時間だけが過ぎていく。

19時過ぎた頃ようやく自分にヒット!

私「きたど~」  息子「不満そうに、え~。」

しかしあがってきたのは。

モンゴウ

900Gモンゴウです

息子の顔から安堵の様子がうかがえます。

これを機にコンビニで食事すまし作戦会議。。。

今干底だし漁港をランガンする事に。潮が来たらあそことあそこへと。

途中メバルロッドを出して探るもメバルの反応も悪いようだ。

たまに釣れても、こんな



17cm

または

meba2.jpg

18cm

キープサイズは全く釣れません。

次に本命視していたOO海峡へ移動。いい感じの潮が流れて如何にも釣れそ~。

しかし2時間ばかり粘るが、思うようには行きませんです。

もう腕はパンパン、手首は痛い。そんな状況で1時半頃最後のポイントへ移動。

キャスト開始して2~3分後息子が

「網もってきて~」と叫んでおります。

ついにやりました。息子にとって初めての春アオリ。。。

hiro.jpg

600G

春イカとしては小さなイカですが、息子にとっては大きなイカとなりました。

3時前ストップとしましたが、大変くたびれました。

エギのロストも5個。根がかりで2個、スナップのフック外れ1個、ラインの結び目のほどけ1個、

太刀魚で1個と貧乏釣り師には心の痛い釣行となりました。








カテゴリ: エギング

テーマ: フィッシング - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

Catch me fish ? 

8日晩我慢できずに行ってきました。

メバルロッド&エギロッドを携え、M田氏としまなみ2番目の島IN島へ。

20時過ぎO浜着。此処で先週息子の友達が1.9KGを掛けたらしい。

ラッキーなことに波止には誰もおりません。

早速2人並んで先端から内側向きにキャストしますと、右に適度な潮が流れています。

何投目かにわずかに違和感が! 合わせると、アマモと共に足が。

暫らくして、また違和感が

上がってきたのは。。。。

甲ちゃん

甲ちゃん

カス回避ですね~。

その後ちょっとしたハプニングが。

2台の車がきて、10人ぐらいの若者が浜辺で花火を打ち上げ騒ぎだした。

暫らくして一組のアベックが私らのとこへやってきて男性が一言。

「Catch me fish ?」 (私にはこの様に聞こえた)  「NO…」

つづいて 「Fish or Squid?」
  私「Squid…」

帰り際M田氏にも 「Catch me fish?」 M田氏「…」

なんとなんと外人さんでした。来ていたのは全部外人の団体のようでした。

自分では「釣れるか?」と聞かれ「いいや」と答えたつもりですが、

はたして会話が成立していたかどうか疑わしい。誰か英会話のできる方教えて~。

2時間程して潮が高くなったところで、メバルをやるために移動。

しかし昨晩の雨の為か非常にゴミが多く、釣れるのは子メバルとフグのみ。

次にエギロッドに変えキャスト繰り返していると、小さいウミウシにつづいて

こんな

ウミウシ

水をたっぷり含んだ超巨大なウミウシ

上がらないのでM田氏にタモで掬ってもらったが、とても重かったそうです。

0時頃再びO浜へ

1時半頃まで頑張ったが、下手くそな私にはアオリは挨拶してくれませんでした。

カテゴリ: メバリング&エギング

テーマ: フィッシング - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。